タグ別アーカイブ: 2018ロシアW杯

日本代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖

サッカー日本代表は、公益財団法人日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本のサッカーのナショナルチームです。愛称が「サムライ・ブルー」です。2017年11月1日、公益財団法人日本サッカー協会 (JFA)が協会の新しいエンブレムを公開しました。11月6日、世界ブランドアディダスが新しいエンブレム入りの日本代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖を公式に発表しました。11月10日のブラジル戦(リール)で日本代表が新しいホームユニフォームを着用しました。

本日は日本代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖を改めて紹介いたします。日本代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖の写真イメージ、デザインコンセプト、テクノロジーや販売ショップなどにご興味がある方或いは「サムライ・ブルー」の大ファンたちは是非ご覧ください。

 (正)(裏)

デザインコンセプトは?

アディダス ジャパン株式会社によると、2年ぶりとなる注目の日本代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖(1st)のコンセプトは勝利への魂で染め上げた“勝色”(かちいろ)です。

日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する“勝色”。武将たちが戦いに挑む際に身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、最も濃い色とされた由来があります。深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていました。

この伝統的な“勝色”をホームユニフォームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、ロシアW杯にてサッカー日本代表が勝利するイメージを出しています。

テクノロジーは?

Climachill:2~3分水に浸し、軽く絞って身につけるだけで即冷却ができる素材。

販売ショップは?

Jleague Uniformで予約販売中

スイス代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖

サッカースイス代表はスイスサッカー協会によって編成されるサッカーのナショナルチームです。11月12日(日)スイス対北アイルランドの2ndレグは、0-0のスコアレスドローとなった。この結果、1stレグに1-0で勝利していたスイス代表のワールドカップ出場が決めました。

11月10日(木)Pumaがスイス代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖を公式に発表しました。新しいユニフォームも試合で披露されました。

本日はスイス代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖を改めて紹介いたします。スイス代表 2018ロシアW杯 ユニフォーム ホーム 半袖の写真イメージ、デザインコンセプト、テクノロジーなどにご興味がある方或いはスイス代表を応援する大ファンたちは是非ご覧ください。

デザインコンセプトは?

スイス代表 2018ロシアW杯 ホームユニフォームは、山々が多いスイスの地形図(等高線)をデザインコンセプトにしました。 マッターホルンやモンブランをはじめとする「名峰」が多いスイスの国土を表現しています。多言語国家として知られるスイス。背面の首元にはフランス語で国名をプリントしています。背面に地形図はプリントされていません。胸部分をアップです。等高線をユニフォームに取り入れるというユニークな発想が素晴らしい。右胸にはサッカー協会のエンブレムを刺繍であしらい、左胸にはスイス国旗を取り付けています。

テクノロジーは?

新しいユニフォームがのPuma「evoKNIT Thermoregulation」というテクノロジーを搭載しています。(が開発した衣服内の湿度調整を向上するサーモレギュレーションテクノロジーと、ピッチ上で最適な体温を保つことをサポートする適応型の冷却システムを採用しました。)Pumaの先発の2018 イタリア代表 ユニフォームもこいうテクノロジーを搭載しました。